狭筵

はい

黒毛和牛

黒毛和牛という言葉に心躍らせる人は多いだろう。

高くてうまい牛肉!!!!!!!!!!!

というイメージがある。

飽食の時代、黒毛和牛とはいえだいぶん庶民の食卓にも届くようになった。

美味しい!!!!!!!!!!!

 

しかしぜってーおかしいと思う点がある。

黒毛の部分だ。

おかしいだろ毛は食わねーだろ。なんでそこを強調するんだよ。

霜降り和牛なら大納得だが、お前のアピールポイントは毛の色ってのが俺は解せねえんだよ。

なんつーかプロ野球選手なのにリフティングが得意です、みたいな問題だよこれ。

卓球選手なのにボーリングでスペアをとりました、とかだ。

フェンシングの選手なのに左四つからの上手投げが得意です、とかだ(お前は往年の魁皇か?)。

 

黒毛和牛に話を戻すと(初めから黒毛和牛の話しかしてないが)黒毛和牛の毛は肉になったらもうわかんねえじゃん。

それが納得いかねえ。

そしてだ。

黒い毛の和牛だったらすべて美味いかっつーとそうでもないべ。

つまり何が言いたいかっつーと黒毛和牛の連中にもだせえ奴がいて、糞不味い奴が居るっつーことを私たちは否定できないわけだ。

毛が黒いだけで調子こいてんじゃねえぞ!

広告を非表示にする