狭筵

はい

自転車を盗まれた

金曜日、都市間バスに乗るため自転車をこいで行き、バス乗り場の近くの駐輪場に自転車を止めた。ここは鉄道の駅も近く、恐らく駐輪場の利用者は鉄道を利用する人が多いと思う。

朝一のバスに乗り、一泊して土曜日に帰ってきたら自転車が見当たらなかった。もしかしたら盗まれたのではなく、夜遅くに帰って来たため駐輪場が暗くて見落としたのかも、と思いながらタクシーで帰った。

日曜日は仕事。退勤後、明るいうちにもう一度駐輪場に確認しに行って、それでなかったら盗難届をだそうと思っていた。盗難届ってどうすんだ? とか考えていた。

職場から出ようとしたら警察から電話がかかって来た。自転車が見つかったという。防犯登録の情報から携帯電話に着信があったのだ。

盗難に遭ったのち、数か月~数年経ってから警察から連絡がきた、なんて話はざらにあるから「お、すげーラッキー」とか思った。

盗まれた場所や日付、時間帯を詳しく尋ねられた。ちょうどバスの発車時刻、到着時刻がはっきりしていたため、すらすらと最後に乗った時点、盗難に気付いた時点を言うことができた。場所も同様にはっきりと答えられた。

盗難届を出していたか? 鍵の掛け方はどうだったか? なども聞かれた。鍵は一ヶ所しか掛けてなかったし、駐輪場の入り口付近に止めていたのも盗まれる要因だったのかもしれない。

警察は、間違いなく土曜日に無くなった自転車に相違ないか聞いてきた。過去に他に防犯登録した自転車があるか? などとも聞かれた。この辺りはよく分からないが、無くしてから警察が発見するまでにあまりにも期間が短かい為だろうか。自転車の形状や貼っていたシールの文面なんかを伝えて、間違いなく土曜日に無くなった自転車と確認できた。


警察にちょっと聞いたところ、私の自転車に乗っている人物を尋問したところ盗難自転車と判明したのだという。金曜か土曜に盗んて、日曜には警察に見つかるなんて、犯人は運がないっつーかドジっつーか。

自転車の返却は調査が完了してからとのこと。追って連絡があるそうだ。日曜日の6時前にこのような電話があった。その後7時前に着信があったが夕ご飯を作っていて電話に出られなかった。

自転車の現状は聞きそびれてしまった。乗っているところを捕まったんだから、ボコボコにはなっていないだろう。鍵は壊されているかもしれない。こういう場合、犯人もはっきりしているし、弁償してくれるんだろうか。

 

自転車泥棒 [DVD]

自転車泥棒 [DVD]

 

 

広告を非表示にする