狭筵

はい

田舎の中心街

田舎の中心街は空洞化が目立つ、と言われて久しい。

私の住んでいる街も中心部には駐車場が目立つ。

しかしこれはある程度仕方がないことで、駐車場は維持管理の費用や税金が安い一方、車の利用者が多いので儲かるのだ。理由があるからこうなる。

かつて商店や映画館があったのも、そこが駅前通りで人が集まるから。

現在は車社会だから、そこがビルテナントではなく駐車場になる。

強力な論理だ。中心部の活性化、ってのはこうした強力な社会の変動(ここでは鉄道から車中心の社会になったという点)の論理を超越しなくてはならない。

ただ活性化を叫び、祭り・イベントみたいなのを繰り返せば良いわけではない。

ここでは現在、強力な論理から逃れてきた、空虚な祭りが行なわれている。

広告を非表示にする